メソセラピー

メソセラピーとは?

【PR】

【エステ業界と同じ効果を体感】凸凹脂肪を1円も使わずに自宅でスッキリ出来る方法とは?
詳細はこちらをクリック!

← クリニック選び ● エンダモロジー →






 メソセラピー


メソセラピーは、1952年、フランス人医師ピストールが開発した注射治療法で、
ヨーロッパをはじめ世界19カ国で認められている、
「切らない」「メスを使わない」「痛みがほとんどない」人気の高い治療法です。



メソセラピーはペインコントロール(痛みによる苦痛を緩和する療法)として用いられており、
治療部位に直接、有効成分を少量ずつ注射注入する療法のため、
痛みもほとんどなく、身体の各部位のピンポイントによる改善ができる上、
その効果が即時現れ、副作用も少ない事で知られています。



メソセラピーは、身体の気になる部分の脂肪の除去が、効果的かつ安全に実現出来る事や、
顔や首などといった箇所のしわやたるみの解消にも適した方法であることから、
日本では美容外科の先端的治療法として注目を集めています。



メソセラピーに使用される薬剤や機器には治療目的や治療箇所によっていくつかありますが、
それぞれ、有効成分を治療部位の定まった深さに定まった用量を注入します。



治療部位に小型の注射器を用いて使用する方法、
専用の医療器具「メソガン」と呼ばれる極細の注射針を使用する方法や、
メソローラーと呼ばれる専用器具を使う方法などがあります。