カーボメッド カーボメッドのデメリット

カーボメッドのデメリット

【PR】

【エステ業界と同じ効果を体感】凸凹脂肪を1円も使わずに自宅でスッキリ出来る方法とは?
詳細はこちらをクリック!

← 部分やせ 顔やせ ● クリニック選び →





 カーボメッドのデメリット


いい事ずくめのカーボメッドなのですが、デメリットもあります。


効果の出方が緩やかなので、一定回数の施術を行う必要があります。



個人差や施術部位により多少の差がありますが、
通常1週間で2回程度、おおむね4週間続けての1クール(合計8回)程度で効果が現れます。
部位によっては効果を得られるまで、2クール必要になることもあります。



初めてのカーボメッド施術の際、注射時に、注入部位組織が膨らんだり、
炭酸ガスでセルライトの脂肪組織が分解される事による軽い違和感や、
軽い痛みを感じる場合がありますが、一時的なものですから
定期的な施術を受けるうちに痛みや違和感がなくなります。



カーボメッドは、従来の脂肪吸引に比べると除去できる脂肪の量が少ない
為、 広い範囲で大量の脂肪を除去するのには不向きです。



自分に合った、通いやすい場所にあるクリニックを選び、
痩せたい部分を明確にしておくことがポイントのようです。





















[PR] カルニチンクイーン